モルディブ&マレーシア

2007-05-07

クアラルンプール3

そういえば、モルディブの帰りに2泊したクアラルンプールの記事が中途半端なままでした。。。

クアラルンプール2の続きです。

ローカルな昼食の代金をリンギットを持っていない私達は、

カードで代金を支払い、まずは両替をすることにしました。

ガイドブックも何も持っていないので、何度か人に場所を聞きながらやっと両替所を発見!

結構不便なクアラルンプールです。

両替をしたところで買い物です。

リージェントホテルの周辺にはスターヒルやロット10等のショッピングセンターがあり、

立地的には大変便利でした。

二人してブラブラしたものの、

私は気に入った品もなく、この日はめずらしく収穫なしでした。

Rさんはルイ・ヴィトンのお店で新作の時計を発見し、しばらく考えていたのですが、

結局保留に。

最後の一つということだったので、スタッフに宿泊ホテルと名前だけを告げ、取り置きに。

ホテルの近くでダイエットコーラと、Rさんはアイスを買ってホテルに帰ります。

夕食は、モルディブでの高カロリー食が続いていたこともあり、

近くにあるはずのアロー通りの屋台街へ行くことに。

ホテルを出て、右方向へ数百メートル。

途中一度右に曲がるともう屋台街の入り口でした。

モルディブの帰りとは言え、マレーシアもやはり暑いので、

通りに面している店ではなく、屋根と扇風機のある空いているお店に入りました。

ちなみにお客さんは私たちを入れて2組だけ。。。。。

空いているお店はどうかなと思いながらも、歩き疲れと暑さでどうでもいいやと思い入ったのですが、

まずくて人気がないのではなく、

きれいにしている分、他の屋台より料金が高めなので空いているようです。

L1000286

L1000281

空いているせいなのか、お店の人はとても愛想もよく、色々な意味で楽しむことが出来ました。

料金もモルディブのホテルの10分の1くらいで済み(笑)、

味の方もまあまあといった感じでした。

しかもあまり好きではないビールまで飲んでしまい、ほろ酔い加減でホテルへと向かいます。

屋台街を出ると、ホテルへと続く通りは両端にマッサージ店が連なっていたので、

酔っていたせいもあり、足つぼマッサージをして帰りました。

で、またもホテルの近くのセブンイレブンで買出しをして、ようやくホテルに到着です。

| | コメント (2)

2007-05-05

ランダーに思いを馳せる

リンク先のTさんが現在モルディブのランダーに滞在中ですが、

ランダー記事を早々とアップしてくれています。

私達がモルディブに訪れたのは、まだ3ヶ月前なのですが、

すでに遥か遠い過去のような気がしていましたが、

Tさんのブログを見て、いままたランダーの素晴らしい景色を思い出しています。

あれだけ情報収集に熱心だったTさんのことですから、

エステに食事にシュノーケルにと精力的に楽しんでいるのではと想像しています(笑)。

ランダーでのお天気にも恵まれたようでよかったですね。

Imgp0106_1

今頃はビーチヴィラのプールで朝のスイミングを楽しんでいるころでしょうか。。。。。

日焼けにだけは気をつけてくださいね(もう遅いようですが・・・・・笑)。

| | コメント (1)

2007-04-29

リンク追加

モルディブ・リンクに、このブログによく遊びに来ていただいている、

たかさん改め、Tさんのブログを追加しました。

情報収集にかける熱意は素晴らしく、これからのランダー記事のアップが非常に楽しみです。

Tさんのアルバム

| | コメント (4)

2007-03-09

クアラルンプール2

クアラルンプールでの食事ですが、

到着日のランチはホテルの向かい側にあるショッピングセンターでとりました。

ここは、半地下&屋外になっている飲茶系のお店です。

オープンキッチンになっていて、とても活気のあるお店でした。

と言っても、ワゴンで料理を運んでくるようなお店ではなくアラカルトで注文します。

そのうえ、渡されたメニューは中国語のメニューでした。。。。

ある程度は想像はつくのですが、あまり自信のないままに何品か注文します。

まずはオーダーしたお茶に始り、料理が運ばれてきました。

お茶も台湾烏龍茶なみの美味しさですし、料理もものすごく美味しいです!

あまりの美味しさに2人してびっくりです。

正式な中華料理としてみると、賛否両論かもしれませんが、

少なくとも私達の好みにはとても合っていました。

そして、ランチとしてはカジュアルな店構えも好印象です。

しかしながら、店員は一同愛想はありません・・・・・笑。

次回用にとRさんが写真を撮ってくれていました。(えらい!)

Dsc01941

そういえば、私たちはマレーシアの通貨であるリンギットをほとんど持ってなく、

遠慮がちにオーダーをしていたのもいい思い出です(笑)。

結局はカードで支払いましたが・・・・・笑。

| | コメント (12)

2007-03-08

クアラルンプール

クアラルンプールで印象に残っているのは、やはりツインタワーでしょうか。

L1000268

中はショッピングセンターも入っていて大勢の人で賑わっていました。

ちょうど、中国正月とバレンタインで時期でしたので余計そうなのかもしません。

L1000273

↑ツインタワーの前は公園になっています。

ここではたくさんの人がツインタワーをバックに写真を撮っていました。

L1000269

映画エントラップメント を思い出します(笑)。

ツインタワーを見てみたいと思ったのはこの映画の影響です。

20世紀フォックスホームエンターテイメン エントラップメント \788円

ツインタワーの中のショッピングセンターを当てもなくふらふらと歩きます。

とりあえず、一通りのお店は覗いたでしょうか。。。。。

何時間いたかわかりませんが、買い物好きの2人にとってはとても楽しいところでした(笑)。

いつもこの時期の旅行ではバレンタイン等を兼ねて、何かしら二人とも買い物をするのですが、

今回はめずらしく大物を購入することはなく良かった(?)です。

Rさんはヴィトンの限定腕時計を買いそうでしたけど・・・・・・・・・・。

私はコーチでブルゾンを購入したのですが、定価の8割引でした!

商品を見ていると、お店のスタッフが「20%、20%!」と言っているので、

2割引だと思っていたのですが、なんと定価の20%と言う意味だったようです。

これは良い買い物をしたと自己満足です(笑)。

Rさんには他のブランドで、

彼女が前から欲しいと言っていたシンプルなブレスをプレゼントです。

私はお返しに旅行用にと靴を買ってもらいました。

なぜか旅行へ行くと必ず靴を購入する私たちなのです。。。。。

昨年は成田で出発前に購入し履き替え、行った先でさらにもう一足購入しました。。。。。

さて、ツインタワーの中にはISETANも入っていました。

(ISETANってどこでもあるんですね)

ここでRさんは、最近お気に入りのレスポートサックに寄り道です。

「かわいい、あ、これもかわいい!」を連発し、あーじゃないこーじゃないとバッグ選びです。

結局、日本未入荷だというバッグをお買い上げ。(なぜRさんはそんなこと知っているのでしょう?)

ついでに私もおみやげ用に一つ購入。

そしてISETANに行ったら外せないのが、食料品売り場です。

見ているだけでも楽しいですし、買い物するともっと楽しいです(笑)。

とりあえず、ちょっとしたお菓子や飲み物などを購入します。

でも考えたら、バンコクと違い帰りはタクシーなのを思い出し、色々と買い込んでしまいました(笑)。

そして2人して両手に大きな荷物を提げツインタワーを後にするのでした。。。。。

L1000280

| | コメント (2)

2007-03-07

モルディブの帰りにクアラルンプール

今回、モルディブの帰りにマレーシアに2泊ほど滞在してきました。

マーレを22時20分発のマレーシア航空便で出発、マレーシアには朝の7時半頃に到着です。

行きのトランジットで寄ったので、空港内の移動は何も考えずに歩いていたら道間違えました(笑)。

L1000017

L1000019

気を取り直して入国審査です。

マレーシアの空港では税関に優先レーンが設置されているので、全然待たずに入国です。

ちなみにこの優先レーンは出国時にもありました。

タイでも出国時のみあるので、ぜひ日本でも導入してもらいたいものです。

空港出口ではホテルに予約をしておいたリムジンがすでに待機していました。

リムジンと言えばリムジンですが、ちっちゃいベンツでした(笑)。

空港からクアラルンプールの市街地までは約1時間ほどだそうです。

道中は、無口なリムジンの運転手さんのお陰でRさんはほぼ熟睡状態です(笑)。

私はSDカードムービーで景色を写していたのですが、

マレーシアという国はとてもきれいに整備されていて、

さすが東南アジアでも1,2を争う先進国だと感じさせられました。

また、シンガポールやバンコクとも違った建築様式なので結構見応えがあります。

予約したホテルはブキ・ビンタン通りのリージェントです。

リージェントは台北以外では宿泊したことがないのですが、ちょっと心配な面も。。。

台北のリージェントは仕事で行くには立地や設備は良いので、

台北に出来たときから贔屓にしているのですが、

スタッフの良し悪しの差が大きいので、時に非常に不愉快な思いをすることがあるのです。

(スタッフの教育に問題ありだと思います)

マレーシアはそうではないことを祈るばかりです。

と、そんなことを思っていると、やっとホテルに到着です。

車が着くと出迎えの女性スタッフもすでに待機していました。

制服からしてマネージャクラスのスタッフのようです。

それにしても不機嫌なのか、いつもこうなのかはわかりませんが、

非常に無愛想なスタッフです(苦笑)。

まだ朝の9時頃なのですが、部屋に入れいるかどうか聞くと「OK」の返事です。

ラウンジでコーヒーを頂きながらチェックインをしていると、

その女性マネージャーらしき人間が「名刺ありますか?」と聞いてきます。

「は?私はさっきモルディブでのバケイションの帰りだと言ったよね?」と内心思いましたが、

「持ってません」と。

その後、そのスタッフの案内で部屋まで行ったのですが、

部屋の鍵を開けて、そのスタッフは「ここです」と言ったきりで行ってしまいました。。。。。

何とも初めて経験するようなシンプルな部屋案内でした・・・・・。(苦笑)

まあ、私たちにとってはその方が有り難いのですが。。。

一応、彼女なりの気遣いなのだろうと、思うようにします(笑)。

L1000261

L1000260

Imgp0227

Imgp0228

Imgp0229

部屋のカテゴリーはExecutive Suite です。

スイートと言っても、モルディブのリゾートよりは、はるかに安いですが(笑)。

リビングエリアとベッドルームに分かれていて、尚且つ両方に入り口のドアがあります。

トイレも2箇所。

あと特筆するものはなかったと思います。

窓からはこんな看板が見えました↓Rさんの愛車BMWミニです。

L1000266

ひと休みしたら街へ繰り出しましょう。

| | コメント (2)

2007-03-05

初めてモルディブに行ってみて

ランダー記事もようやく終わり(笑)、私達なりのモルディブの感想を。。。

まずは行って良かった!に尽きます。

モルディブへ行って、「来るんじゃなかった」という人はたぶんいないでしょうが(笑)、

今まで、雑誌やテレビ等でしか見られなかった景色を間近に見られたことだけでも、

行って良かったと思います。

正直、ボドゥヒティだけに滞在していたなら、モルディブってこんなものかと満足し、

次回の旅行は迷うことなくプーケットに逆戻りしていたかもしれませんが、

ランダーでの景色は私達の予想をはるかに超え、言葉では言い表せないほど素晴らしいものでした。

これで、今回が最初で最後と思っていたモルディブに気持ちがものすごく傾いてしまいました(笑)。

ただ、今回の記事は敢えてモルディブでこれは?と感じたことに触れてみたいと思います。

まずは、何をしても高い!ということ。

これは私達がタイの物価に慣れてしまっているせいなのかもしれませんが、

食事をしてもエステをしてもモルディブでは結構なお値段です。

(もちろん日本の高級ホテルで過ごしても同じくらいになるかとは思いますが。。。。。)

しかもドル建てなので、円安の今では余計に高く感じてしまいます。

たとえば、プーケットのローカルスパなら4時間コースでも1万円くらいで済みますが、

モルディブでは1万円では最短コース(60分とか)でも出来るか出来ないか微妙なところです。

200ドルとか300ドルのコースが普通にあります!(笑)。

食事も2人で2品+飲み物で50ドル~は必要です。(ランチの場合)

ディナーなら70ドル~は必要でしょう。

もし仮に、昼夜とレストランを使用した場合、1日120ドルを超えてしまいます。

そこにスパや買い物、ルームサービス、ミニバーの飲み物、チップなどを加算すると、

1日に必要な金額は優に300ドルは超えてしまいますね。。。(滞在中、1日スパ1回だとして)

何かしらのエクスカーションに参加するとさらにいってしまいます。

う~ん、そうすると毎日スパというわけにはいきません。。。。。

ちなみに私たちはスパ1回、2日間で600ドル近くの精算でした。。。。。

(ボドゥヒティでは食事が無料でしたので6ドルでした・・・・・笑)

行く前は、リゾートではホテルしかないのだから、そんなにお金も使わないだろうと思っていたのですが、

これは大きな誤算でした!(苦笑)

※上記のお話しはあくまでボドゥヒティとランダーでの話しです

   選ぶリゾートによって価格差はあると思いますので参考までに。。。

またリゾートの食事に不満があっても、外に行くわけにはいきません。

もちろん、だからこそ何種類かのレストランを設置しているのだと思われます。

でも私たちは遅めの朝食をとっていたのでランチは1度しか摂りませんでしたけど。。。

あとは、わかりきっていることなのですが、遠いと言いますか、便が悪いということです。

出来れば夕方にはチェックイン出来るくらいの飛行機があるとありがたいですね。

敢えて書くと言った割には、モルディブで?と感じたのは実はこのくらいしかありません・・・(笑)。

とりあえず、もう一度行ってみたいとは思ってはいますが、その後はどうなるかわかりません。

ただ、ハネムーンやダイビングの場合はモルディブは何度(?)行かれても大変良いかと思います。

私達が愛するプーケットの場合、地元の人々の生活を垣間見たり、人との触れ合い、

それらの人々が醸し出す何ともいえないゆるい空気。

そういった部分に惹かれる部分が多いので飽きないのかもしれません。

食事も多種多様で、しかも1日10ドル~もあれば十分まかなうことも可能です。

ただ、ダイビングは思い立ったらすぐにというわけにはいかないかもしれません。

また、プーケットでモルディブ並みのきれいな海を見たいとなると、

船で遠く移動しないと難しいと思います。。。

そして、こちらも一目ぼれしてしまったテニアンも大いに魅力のある場所です。

こちらはモルディブやプーケットとも違った、本物の自然がいっぱいの素敵な島です。

特に、どこまでもまっすぐなブロードウェイをテニアンの風を感じ、

テニアンブルーの空を見上げ走っていると、

心がきれいになっていくような心地良さを感じることが出来ます。

こればかりは、他の国やリゾートが真似をしようと思っても出来ない心地良さです。

今まで他にも行った国はありますが、今の所モルディブを足してこの3箇所が私達のお気に入りです。

そして、私達が今一番行きたいと思っているのはテニアンです。

日本にいると色々なことがあり、どんどん気持ちが汚れていってしまう気がするのですが、

テニアンの風を受けているとそういった心まで浄化してくれるような錯覚に陥ります。

そろそろ洗濯の時期が来たのかもしれませんね・・・・・笑。

| | コメント (15)

2007-02-28

モルディブへの行き方

モルディブへ行く場合、成田からですと、

スリランカ航空、シンガポール航空、マレーシア航空の何れかで行くのが一般的かと思います。

直行便はスリランカ航空しかありません。

そこで、まずエアラインを選ぶことから始めました。

私たちはリゾートの帰りには、いつも都市部のホテルで2~3泊してから、

日本へ帰るのが定番なのですが、

シンガポールは訪れたことがあるので却下です。

次にスリランカ航空ですが、訪れたことのないスリランカという国にはかなり惹かれたのですが、

帰りに寄るにはモルディブに近すぎて、ちょっとどうかな~と(笑)。

スリランカの食事にもちょっと不安もありましたし。。。

そこで残ったのがマレーシア航空でした。

クアラルンプールは初めての都市ですし、ツインタワーも見てみたい!

それと、どうしても避けたかったのは、成田朝着便です。

一度バンコクから朝着便で帰ってきたことがあるのですが、

疲れがとれず参ったことがあるので、その点でもマレーシア航空だと、

午前発、夕方成田着になりますのでバッチリです。

マレーシア航空ゴールデンクラブクラスのシート

L1000006

シートは最新式の座席が動かないタイプです。

このタイプですと前後の席を気にせずリクライニングできるのでとても良いです。

しかも、シートマップを確認して前にシートがない席をリクエストしておいたので更に快適です!

180度近くまでフラットに出来ますし、もちろんマッサージ機能も付いています。

成田発着のタイ航空ロイヤルシルククラスより断然いいです。

でもシート幅はちょっと狭いかもしれません。。。

↓ロクシタンのアメニティーのセット。

Rさん曰く、こちらもかなり高品質で良かったそうです。

残念ながらスリッパはありませんでしたが。。。

ちなみに、行きと帰りでは中身は一緒でもポーチのデザインが違いました。

L1000005

マレーシア航空

そして、一番驚いたのはマレーシア航空の機内食です。

今まで機内食で美味しいと思ったのは、タイ航空の松花堂弁当のうなぎ(要予約)ですが、

和食以外でそこそこ美味しいと感じたのは初めてかもしれません。

↓チキンとラムのサテ。最初は結構食べられましたが、

行き帰りで4度も出てくるとさすがに飽きます(笑)。

付け合せのきゅうりと交互に食べると美味しいです。

チキンとラムとどちらがいいかと聞いてくるので、ただ「両方」と答えると

こんなにたくさん出されてしまいました。。。

その後はちゃんと本数を言うようにしましが。。。

最後は時はピーナツソースを掛けないでもらいました。

Dsc01656

↓そして他の料理も今までのエアラインの中ではかなり美味しいです。

ちょっと驚きです。

Dsc01657

Dsc01658

Dsc01659

Dsc01662

機内食とは思えないほどエビもぷりぷりでした。

Dsc01663

↓こちらはクララルンプール→マーレ間の機内食

L1000025

お腹が空いていなかったのでメインディッシュは断り前菜だけです。

ガーリックトーストの下の二つ折りのクレープみたいなものは特に美味しかったです。

L1000007

また、成田では飛鳥ラウンジを利用できるのですが、

ANAよりは落ちますが、

ノースウェストのただ広いだけのラウンジよりよほど良かったです。

また、肝心なフライトアテンダントですが、

こちらも満足のいくサービス&笑顔で非常に好感が持てました。

いずれ空港編をお送りしたいと思います。

| | コメント (4)

2007-02-11

モルディブ行っちゃいました

とうとうモルディブへ行って参りました!

これから色々とブログにアップしていきたいと思います。

とりあえず、写真を数点。

L1000167

L1000174

L1000243

L1000247

はじめてのモルディブは、本当にきれいでWEBや雑誌等で見る通りの美しさです!

自分達がその場に存在していることが信じられないくらいの感動を与えてくれました。

| | コメント (10)

2007-02-02

そろそろ

旅行の準備をと思い、昨夜から始めたのですが、

今まで使っていた最大サイズのRIMOWAのスーツケースは、キャスターの調子が悪いので、

昨年テニアン用に新調したニューRIMOWA(ちょっと小さめ)に詰め始めたのですが、

どうも余裕がありません。。。

いつもなら、スーツケース半分は丸々空いているのに、

今回は両側目一杯詰めても入りきらない感じです。。。。。。。。。。

んー、おかしいです・・・・・。

・・・・・考えたら、いつもは持っていかない一眼レフカメラがどうも場所を占領しているようです。

・・・・・結構カメラって場所とりますね。

壊れないように保護もしていますし。

カメラ関係だけで、スーツケースの結構なスペースを占有していますね。。。。。

このままだと、現地で何か買い物をしても絶対入らないような状態です。

しかも、いつも持っていく予備のバッグを入れるスペースすらありません。

仕方ない、もう一回初めからやり直しです。

しかも出発は今夜だったりするのですが・・・・・笑。

| | コメント (9)