« 2007年7月 | トップページ | 2008年2月 »

2007年10月

2007-10-26

台風が来ると

思い出すのは、

ウェザーガールズの「IT'S RAINING MEN」です。

あの2人の圧倒的な声量、姿を思い出します。

80年代ポップスをかじった世代でしたら、一度は耳にしたことのある名曲だと思います。

今日はこの名曲を流しながら、レインボーブリッジを突っ走ることにしましょう。

| | コメント (1)

2007-10-25

忙しい

会社を経営する身としては非常に喜ばしいことなのですが、

私自身が忙しいのは問題です・・・・・苦笑。

出来れば仕事は社員に任せて悠々自適といきたいのですが、

とてもそんなわけにはいきません。。。。。

明日は仕事を早く切り上げ、

Rさんとお台場でも行ってホテルでゆっくりしようと思っているのですが、

明日のチェックインは明後日の未明になりそうです。。。。。。。。。。

なぜそんなことになるかと言えば、

メーカーが納期を守ってくれないからなのですが、

こちらも無理を承知で発注しているので仕方がありません。

今、一番欲しいもの。

ゆとりです。。。。。

| | コメント (2)

2007-10-21

やはり

11月は舞浜のホテルが予約できません。

私達の希望日は、

どうもディズニーリゾートのパレード(?)がクリスマスバージョンに変わってから、

初めての週末なので混んでいるようです。

知りませんでしたが、

世の中にはそういったことに熱心なマニアの方々がたくさんいるのだそうです。

話しは変わりますが、

今日から3日間ほど温泉ホテルへ行ってきます。

と言っても、もちろん仕事です。

関東一円のお客様の会合・研修会があり、お手伝い兼、展示会です。

一応私達の会社が会場責任者なので私は今日から準備のため前日入りです。

来場予定者は500人ほどですが、

始まってしまえば何もすることがないので、何か本でも持って行きましょう。

夜はフリーなのでRさんと合流してゆっくりとしてきたいと思います。

| | コメント (7)

2007-10-18

東京モーターショー

に今年も行きたいと思っています。

ここのところちょっと忙しいのですが、

何とか暇を見つけてRさんを連れて行きたいと思い、

どうせ行くならRさんの好きなディズニィーリゾートにホテルを取ろうと思ったのですが、

部屋が全然空いていません。。。。。

シェラトンなどは希望日には満室状態!部屋を選ぶどころではなく泊まれません。。。

ヒルトンはファミリー向けの部屋中心でちょっと気が乗りません。

ミラコスタは言うまでもなく満室。

その他のオフィシャルホテルも希望日を変えてみたり、

部屋のランクを落としてみたりしたのですが、

思ったような予約が出来ないような状態です。

いつもすんなりと予約が出来ていたので、

今回も深く考えずに今頃予約をしようとしたのが甘かったようです。。。。。

最近お気に入りのお台場でもいいのですが、

来週末に2連泊する予定なので、それもどうかと。。。。。

| | コメント (2)

2007-10-17

うなぎが届く

今日、愛知県からうなぎが届きました。

なんで今頃うなぎ?と思ったのですが、

以前、送り主の人間とうなぎの話しになり、

彼が愛知のうなぎはうまいと、散々自慢をしていたのを思い出しました。

だから今度送ると。

実はそんな話しはすっかり忘れていました・・・・・苦笑。

開けてみると、

確かにうなぎなのですが、

明らかにスーパー等で売っているパックのうなぎです。。。。。。。。。。

というか、パックに入ったまま、値段も付いたままです。。。。。。。。。。

まあ、金額を見る限り確かに高価なうなぎです。

しかしながら、いくらなんでもパックのままとは・・・・・・・・・・。

なめてるとしか思えません!

と下品になってしまいましたが、

私はてっきりどこか有名な鰻店の品を送ってきてくれたのだと期待して開封したのですが。。。。。。

早速、苦情の電話をしようかと思ったのですが、

それでも食べてみないことには何か言うわけにも行きません。

量が多かったので、うどん同様、会社に残っていた人間とで分けて食べました。

私は風邪気味のせいか、あまり味はわからなかったのですが、

皆の様子を見ていると、どうも美味しいようです。

最初は、パックの鰻ですか~?と乗り気ではなかった人間も嬉々として食べています。

それを見て、あ~電話しなくて良かった。

でも一応その後、お礼&少しの苦情の電話をしたところ、

「こっちで売っているうなぎは、スーパーのものでも吟味して買えばかなり美味しい」との事。

もちろん専門店のうなぎはもっと美味しいが、それは次回送ってくれるそうです。

ちなみに、私が言った苦情とはパックの件ではなく、

うなぎの小骨が歯の隙間に刺さり、取るのに10分もかかったという、

全然関係のない苦情でした。。。。。

まあ、そんなことを言えるのも送ってきてくれたのが私の弟だからなのですが・・・・・。

とりあえず、ご馳走様でした。

うなぎと言えば、以前Rさんと一緒にお取り寄せをしたうなぎも美味でした。

うな重の名店職人が新鮮うなぎを秘伝のタレで焼き上げる!【四万十屋の鰻の炭火蒲焼1尾[約120g...         

    

| | コメント (4)

2007-10-16

うどんが気になる

先日、進物でうどんを頂きました。

水沢うどん だったのですが、

早速お昼に会社でゆでて皆で頂きました。

とても美味しかったので皆で購入しようということになり、

早速注文してしまいました。

頂いたお店のうどんは高価だったので安いとこから・・・・・・・・・・笑。

送料込期間限定1000円ポッキリ! 訳ありまかないうどん 1.05kgパック!7~8人前

もともとラーメンの類は好きではなく、蕎麦党だったのですが、

歳のせいか、うどんが体に優しい気がします。。。。。

| | コメント (0)

2007-10-15

いつの間にか

Rさんのマンションのパソコンが新しくなっていました。

もちろん、購入したことは知っていたのですが、

今日初めて実物を見てみると、

やはり新しいのはいいです!

モニターも15インチから19インチに格上げです。

大きいと見やすくていいですね。

当初は本体とキーボードの予算で目一杯だというので、

なぜか、今月誕生日の私がモニターをプレゼントをすることになりました・・・・・苦笑。

ですが、やはり一緒に購入して正解だったようです。

Idx_photo_001ov

Idx_pi_001

本体スイッチの照明等は、機械的というよりなんとなく未来的な感じです。

数年前のモデルと比べると全然違うものなのですね。。。。。

なんかうらやましいので私も新しいノートPCでも買おうかと思ったのですが、

ちょっと前にSONYのVAIOを買ったことを思い出しました。。。。。

| | コメント (0)

2007-10-14

宮田珠己

という人の書いている旅行記は大変面白いと思っています。

もとはサラリーマン時代に自費出版していた著書を読んだのがきっかっけですが、

なんとも言えない独特の語り口や文体、視点、

それらを笑うのをこらえながら読むのは大変なほどです。

最近読んだ彼の著書からちょっと気に入った文章を引用してみます。

「ビーチには白人がごろごろ転がっていた。

 白人は世界中のビーチに転がっている。

 最初から置いてあるのかもしれない。。。。。」

と、こんな感じです(笑)。ウはウミウシのウ より

この作者以後、最近では同じようにくだけた語り口の旅行記も増えてきましたが、

元祖と言えばやはり宮田珠己ではないでしょうか。

その後はサラリーマンをやめ、文筆業に専念されているそうですが、

いつもまでもユニークな視点をなくさず頑張って欲しいと思います。

         

また似たような爆笑旅行記としてはこちらもオススメです。

   

また私は行った事のないインドですが、

これを読んで絶対に行きたくなくなりました(笑)

   

いずれも、次期作品が非常に楽しみな作家(?)です。

| | コメント (2)

2007-10-13

何かと話題の亀田といえば

柿の種よりも私はソフトサラダ が好きです。(笑)

私の育った家では、菓子類の購入や駄菓子屋への出入りなどは厳しく禁じられていたため、

食べたくてもめったに口にすることの出来ない憧れの品でした(笑)。

(柿の種はごくたまに家中にあったので食べることが出来ました)

ですので、自由に購入できる今ではついつい買ってしまいます。。。。。

ちなみにRさんは歌舞伎揚げ 派です。

Rさんが好きなので、よく購入して部屋に置いておくのですが、

気付くといつの間にか一枚残らずなくなっています・・・・・・・・・・笑。

その歌舞伎揚げの由来ですが、調べてみると・・・

歌舞伎といえば日本の伝統的な古典演劇であり、

また、せんべいも古くから親しまれてきた日本独特の菓子です。

そこで、この両方の伝統文化を伝えようと、

んべいの包装袋に歌舞伎の定式幕の模様を取り入れ、

せんべいの一枚一枚にも歌舞伎の家紋をデザインしたものを刻印し「歌舞伎揚」と命名しました。

なお、四角い歌舞伎揚は市川団十郎家、丸い方は片岡仁左衛門家の家紋とのことです。

現在の歌舞伎揚は、消費者の嗜好に合わせソフトになっているため、

家紋が不鮮明ですが、以前は固めであり、家紋がはっきり見えていたそうです。

ということだそうです。

せんべいに家紋?全然気付きませんでした・・・・・。

今度よく見てみましょう。

さて、本題ですが、

先日のボクシング世界戦。

私は見ていなかったのですが、ニュースやブログなどで得た情報によると

だいぶ刺激的な試合展開だったようです。

賛否両論というより、圧倒的に否の方が多いです。

三つ子の魂百までと言いますが、

彼らのこれからの人生は一体どうなるのでしょう。。。。。

そう考えると逆にボクシングをやっていて良かったのかもしれませんね。。。

人生において、少しの反則を犯してしまうのは誰でも見に覚えがあるとは思いますが、

それが取り返しのつかない事態になることも在り得るのだと改めて思い知らされました。

彼ら兄弟も、今回の騒動で多少でも自分達の愚かさに気付いてくれればいいと思うのですが・・・・・。

父親はどうでしょうか・・・・・たぶん変わらないのでしょうね(苦笑)

でもあれだけ絆の固い家族って今時めずらしいですね。

| | コメント (0)

2007-10-11

ホテルのアメニティー

って皆さんはどう扱われているのでしょうか?

私はあまり気にしないのですが、

女性はやはり気になるようですね。

今日プーケット・パヴィリオンを検索していた時に読んだブログで

ホテルのロゴ入りのものは根こそぎ持って帰る、と書いている記事があったのですが、

まさか日本人でそうゆう人がいるとはあまり思っていなかったので少し驚きでした。。。

しかも、それらはお土産にするのだそうです。(笑)

それを読んで、私達がトリサラで疑われたのも仕方がないなと納得してしまいました(苦笑)。。。

まあ、化粧品類やシャンプー、リンスなどは基本的にOK(?)なんだとは思いますが、

その記事では、「部屋の中を見渡してロゴ入りのものは・・・・・・」

という記述でしたが、

でも、ロゴ入りっていいましても一体どこまで持ち帰っているのでしょうか・・・・・笑。

Dsc01055 

Dsc01877

| | コメント (2)

2007-10-10

ブログを更新しない間

何をしていたかと言いますと、

毎夜毎夜バイクいじりをしていました。

おかげでここ数ヶ月はすっかり寝不足で、

Rさんからも顔色が悪い悪いと言われております・・・苦笑。

会社の倉庫の1/3程を無理やり占拠し、

あーでもない、こーでもないと、

次に装着するパーツを考えながら愛車を眺めているのはとても楽しく、

気付いたら朝の5時なんてこともありました。(苦笑)

もちろん倉庫にはバイクだけではなく工具も入っています。

ジャッキではなくバイク全体を持ち上げるバイクリフトや、

金属や塗装面を磨く電動のポリッシャーまで用意してしまいました。。。。。

当然邪魔なので少し気がひけるのですが、

社員や取引先の中にはバイク好きな人間もいて結構手伝ってくれたりもします。

その甲斐あってか(?)、

自分で作業できる範囲では、ほぼ満足のいく状態まで何とか仕上がりました。

現在は、素人では難しい部分の作業をディーラーに預けお願いしております。。。

P100078821 

そして、パーツを購入するたびにRさんからは、

冗談ともイヤミともとれるお言葉を頂戴しつつ、

聞こえないフリをしながらもパーツカタログとにらめっこしている毎日です。(笑)

そのパーツカタログですが、

1社で出しているカタログで軽くタウンページ程の厚さがあります。

そもそも純正オプションパーツカタログでさえ900ページもあるのです!

それが何社分もあるのですから、それだけでも結構な場所もとりますし、

見るだけでも大変です。(大変と言いつつ喜んで見ているのですが・・・笑)

愛車がディーラーから戻ってくるのは、まだだいぶ時間がかかりそうなので

最近ちょっとつまらないです。。。。。

6197_31_2

| | コメント (2)

2007-10-09

プーケットのとっても気になるホテル

ブログ友達のモアさんからプーケットの素敵なリゾートホテルを教えて頂きました。

プーケット・パヴィリオンです。

昨日までは次回の滞在は3度目となるダイヤモンド・ヴィラで決定と思っていたのですが、

プーケット・パヴィリオンを色々調べてみると、

とても私達の好みで本気で悩んでしまいました(笑)。

まず一番の魅力はヴィラのプールが大きいということ。

なんと12×4mです。

1b_03_04

バニヤンツリーのプールヴィラが9m、トリサラが10mですから、

通常のワンベッドルームのカテゴリーとしてはプーケットで最大ではないでしょうか。

(バニヤンのスパプールヴィラやダブルプールヴィラは除いて)。

もうこれだけでも、私たちにとっては行く価値が大いにあります!

そして、基本がイン・ヴィラダイニング。(もちろん朝食から)

何も気にせず食事をしたい私たちにとってはこちらも魅力的です。

(あるサイトではホテル内にはレストランはないと書いてありましたが、

公式WEBではレストランの記述があるのでどちらなんでしょう。。。)

1b_01_04_2

1b_08_04

部屋やプールサイドの雰囲気もとても気に入りました。

そして料金ですが、

2月のハイシーズンでも、なんとUS470ドル(1泊税抜)とはちょっと驚きです!

ちなみにダイヤモンドヴィラの場合、同じく1泊で45000B(日本円で15万超)ですから、

いかに安いかがわかります。

ちなみに5泊すると、約50万も安く済むことになります!!(ちょっとビックリ)

これは、プールヴィラフリークではない方々でも、とても気になるホテルではないでしょうか。

実際、私達がいつもプーケットへ行くために払っている旅費は、

前回モルディブに行った時とそんなに違いはありません。

そして前回モルディブに行って思ったのですが、

同じような料金を払って、近いプーケットに行くのはなんかもったいないのではないかと。。。

滞在中の食事代やスパ代などはもちろんプーケットの方が安く済みますが、

旅費そのものを考えると、なんか損をした気分にならなくもありません。。。。。

ただ、私は比較的身体が大きな方なのでエコノミー席ではちょっと辛いので、

削るところと言えばホテル代しかないのですが。。。

そして浮いた分は結婚資金に回すことも出来ますし(笑)。

と、こんな案はどうでしょう Rさん?(笑)

た・だ、問題はBさんなのですが・・・・・・・・・・笑。

1b_01_04

1b_02_04

1b_05_04

ヴィラからの景色もとても素敵です。

1b_07_04

1b_04_04

でもベッドはちょっと小さそうですね・・・。

出来ればツインだともっといいと思います。

こんな素敵なホテル情報をくれたモアさんに大感謝です!

| | コメント (6)

2007-10-08

来年の旅行は

プーケット&バンコクでとりあえず決定です。

と言うのも、今回は私とRさん、

そして、もう1人タイフリークの天然ボケのBさんが一緒に行くことになりそうだからです。

Bさんとは数年前までは、よく一緒にタイ旅行を楽しんでいたのですが、

色々な事情により、しばらく海外旅行から遠ざかっていたのが、

気持ちの整理もつき、ようやく旅行を解禁する気になったようです。

Bさんとは、バンコクには数度行った事がありますがプーケットは初めてです。

本当ならばバニヤンツリーかトリサラに泊まりたいのですが、

日本語以外絶対話さず、しかも目を離すを何をするかわからないBさんと一緒なので、

ホテルの選択肢は自然と限られてしまいます・・・・・・・・・・苦笑。

昨夜もRさんと協議した結果、ダイヤモンドクリフになりそうです。

というか、私達とBさんのバランスを取るとそこしかありません(笑)。

一応、エヴァソンも候補に入れてみたのですが、

トリサラランダーを体験した今となっては、

エヴァソンに泊まれば、前回以上に不満が残ることは目に見えているので

ボン島には惹かれましたがこちらも却下です。

その点、ダイヤモンドクリフのダイヤモンドヴィラはプールが狭いことを除けば、

すべてにおいて及第点だと思います。

特にヴィラのバトラーサービスは素晴らしいものがあります。

欲を言えば、

リビングのテレビを液晶大画面にしてDVDプレイヤーを置いてくれると言う事無しです!(笑)

以下に私達とBさんの条件をちょっと羅列してみました。

私とRさんの必須条件

・プールヴィラ(広ければ広いほど良い)

・スイート(リビングと寝室が別)

・部屋に蜘蛛やゴキブリが出ない(出たことがない)

・当たり前のサービスを当たり前に出来る(これが結構難しい・・・)

Bさんの必須条件

・日本人スタッフ常駐

・日本語案内書完備

・日本人ゲストが多数いる(何かあっても助けを求めることが出来る)

・ビュッフェ形式のレストランがある(食にとてもわがままなBさんなので・・・笑)

・内線電話をかけやすい(その前に部屋番号を忘れてしまうBさんですが・・・)

・ピザがある(ピザ大好き人間・・でもパスタは食べない)

・朝食はトーストが必須!(トーストではない食パンは食べない・・・笑)

と、こんなところでしょうか。

Bさんの場合、書き出すときりがないのでやめておきます・・・・・苦笑。

と言っても、これらの条件はBさんが出したものではなく、

何をしでかすかわからないBさんの事を危惧し、私達が勝手に考えたものが多いのですが。。。

2人だけの旅行も楽しいですが、天然ボケのBさんとたまに行く海外もとても楽しいものです。

帰りはバンコクに数泊して、

Bさんお気に入りのNEXT2シャングリラ・バンコク)で乾杯するのが今から楽しみです。

Photo

| | コメント (10)

« 2007年7月 | トップページ | 2008年2月 »